「ほっ」と。キャンペーン

男嫌いの女のつぶやきです。私のHNは、日本語で らいてふ と書きます。かの平塚らいてう の書き間違いって意味です。raityou_2004@excite.co.jp


by raityou_2004

私がアンチポルノになった訳

今までの投稿を読んだ方はお判りでしょうが、私はアンチポルノです。

でも、アンチポルノの考えの内容を知るまでは、「不健全図書廃絶!!」という看板も何かアナクロな気がしてましたし、ポルノも表現の一種で自由であるべきだと青臭くも思ってました。

その後、フェミニズムの一つでもあるアンチポルノの理論を勉強した後、私は2つのビデオを見ました。

一つは、落ち目のデボラ・ウィンガーが出演しているサスペンスもの(だったと思う)。題名は残念ながら失念しましたが、デボラ扮するFBI捜査官が、人種差別団体の首謀者と接近する。そして、首謀者と容疑がかかっている男と結婚しちゃう。
結婚した後、本当に人種差別者であることが判る。何故判るかというと、黒人を捕らえ、野に放ち「人間狩り」をするからです。
その光景を見た女FBI(デボラ)は、あまりの惨劇に嘔吐する。

もう一つは、落ち目の杉本彩が主演しているセクシービデオ。まるで杉本彩はキューティハニーのような正義の味方の役なんですが、悪役の男達は、女を軟派して、野に放ち「女狩り」をする。


この2つの映画を見たとき、私は「はっ」とした。


前者は、最低の行為・社会問題として描かれている。デボラは嘔吐する演技までしている。
しかし、後者はどうだろう。鑑賞者は「女狩り」をして楽しむ。勿論その後杉本彩が悪人を退治するのだが、そんなディティールに重きを置いて描かれていない。

黒人だと最低で、女だと快楽の対象になるのだ。これが、現代のポルノなのである。

日本では、こんなポルノが存在して、私でもカンタンに見ることができる。

そんな世の中で、何が男女共同参画社会なのだろうか?



アンチポルノの祖と認めて良いと思うが、マッキノン氏の言葉をここに記す。

 ポルノグラフィは、何よりも女性を人間以下に扱い、犠牲にし、二級の地位に位置づけ、それを制度化するものである。ポルノグラフィだけがそうするのではないが、それが果たす役割は決定的である。
 あるヒトを貶めることができ、かつそうすることが自由のなのもとに擁護され合法化されるとすればどうか。その人を拷問にかけることができ、かつその光景を見物して楽しむことが娯楽とみなされ、憲法によって保護されるとすればどうか。その人の痛みから他の人が快楽を引き出し、それがその人の社会的価値をはかる基準となり、その人が価値のない存在であると社会的に公言されているとすればどうか。
 わたしたちの法的主張は単純だ。このような行為を大目にみることは、平等のどんな真面目な推進とも両立しないし、言論を保護するいかなる理由にもならない。

[PR]
by raityou_2004 | 2005-01-13 22:54 | フェミ